(クリックで拡大。1500x1001px。はてなfotolifeにオリジナル)

昔取った杵柄。はずみで壊れてないカメラを譲り受けてしまったので。以下機材。

  • Sony α65
  • Minolta 50mm F1.4 Ⅰ型
  • Minolta 100mm F2.8 Macro Ⅰ型
  • Marumi DHG スーパーサーキュラー P.L.D
  • RawTherapee 5.0 on Kubuntu 17.04

100mmマクロはほぼ使わない。Raw現像ソフトはせっかくだしWindowsで使えないDarktableでも使うか、と思ってはみたものの予想以上に使いづらかったので、結局慣れたRawTherapeeになってしまう。

壊れていないデジイチを手にするのは何年ぶりだろうか。10年は経っていないが。4月頭に撮った400枚から比較的マシなのを15枚選んではみたものの、納得いく水準のものが1枚もなく、情けない。ブランクがあるからしょうがないっちゃそうなんだけど、腕が鈍ったというかカンが鈍ったというか、どんな写真をどうやって撮っていたかさっぱり忘れてしまった。リハビリだなー。基本的なスタンスとしては「非自己表現、非ファインアート、非記録写真」なので、どこに落ち着いても一般的な意味での「良い」写真にはならないだろう。Kは手に入れたデジイチを2年以内に壊す特殊能力を持っているので、遠からずまた壊れるんだろうな。